施術後の変化

女性

短いダウンタイム

美容整形の施術を受けた後は、ダウンタイムといって痛みや腫れが引いて元の日常生活に戻れるまでの期間が必要です。しかしボトックス注射の施術はダウンタイムが短く、すぐに元通りの生活を送ることができます。ボトックス注射の施術を受けた後は、1週間程度痛みや腫れが続くことがあります。もし熱っぽさを感じることがあれば、保冷剤や袋に入った氷をタオルで巻いて冷やすと良いでしょう。ほかにも内出血が出ることがありますが、あまり目立たないため、メイクで隠すことができます。もしメイクしても気になるという方は、マスクを着用するなどの対策をしてみてください。ボトックス注射は切開しないので、施術当日から入浴や洗顔は可能です。ただし、注入箇所を強くこすらないように注意してください。ボトックス注射の場合は傷口が開く心配もないので、ふくらはぎ以外の施術を受けた方は当日から激しい運動をすることもできます。そのため、日常的に運動をする習慣がある方も、気にせずボトックス注射の施術を受けられます。メイクも当日から可能なので、施術を受けた後、すぐメイクをして帰宅することができます。施術後に予定がある方もそのまま行けますし、人目が気になるということもありません。ほかの美容整形と比べてもダウンタイムが短いので、身体への負担が少ないところもボトックス注射の魅力です。

注意すべきこと

ふくらはぎにボトックスを注入した場合は、運動制限がかかります。施術後は脚に力が入りにくくなることがあるので、その状態で激しい運動をするのは危険です。目安として施術後1週間は激しい運動を控え、軽めのウォーキングやストレッチ等をするようにしましょう。医師からも指導がありますので、可能な運動を確認しておいてください。また、ボトックス注射の施術後は注入箇所を刺激しないことが重要です。そのため、注入箇所は1週間ほどマッサージを行わないようにしましょう。エラ部分やシワ取りで顔にボトックスを注入した場合、軽めのマッサージは可能ですが、注入箇所は避けるようにしてください。ボトックス注射の効果を存分に得るためにも、なるべく刺激しないようにしましょう。これら以外にも、小顔効果を得るためにボトックス注射の施術を受けた方は、しばらく固い食べ物を避ける必要があります。食事の際には咬筋が使われますが、なるべく負担がかからないようにしなければなりません。そのためにも、およそ1ヶ月は固い食べ物を避けて、柔らかいものを食べるようにしましょう。また、ガムも咬筋を刺激してしまうので控えてください。施術後に注意すべきことを守っていれば、よりボトックス注射の効果が発揮されるでしょう。

Copyright© 2019 小顔になれないと悩んでいる方はボトックス注射の施術に注目! All Rights Reserved.